メリットとデメリット

費用住居を構えるにせよ、事務所を開くにせよ、決して無視できないのが土地に関わる費用です。購入すべきか、借りたほうが得なのか、答えは簡単に出るものではないでしょう。

しかし土地を借りるといっても、居住者、事業者の権利は決して軽くはありません。
定期借地権で土地を借りれば、最長50年は土地を借り続けることができます。購入するよりも費用は安くなりますし、借りている間の土地の固定資産税や都市計画税も負担する必要はありません。

また、多くの場合、借地権が設定されている土地は、都市近郊など利便性の高い土地であることが多く、この場合もやはり購入するより安い費用で、土地を利用することが着るのは確かです。

費用面では大きなメリットがあるといえます。

しかしもちろんその土地に対しては、地代を払わなければいけません。借りている間お金を払い続けても、土地の所有はできない面はデメリットといえるでしょう。

また、引っ越すことになったときなど、建物を売却することも簡単にはできません。地主の許可が必要だからです。増改築にも許可を得る必要があるなど、購入した場合よりも、条件が限られる点もデメリットです。

契約を結ぶ際には、メリットとデメリットの双方をよく考えることが大切です。