借地権の新旧

借地権とは土地を借りる権利のことです。しかし、土地の上に建物がない場合にはこれに当たらず、駐車場を借りた場合はこの法律は適応されません。

住居や事務所など、生活や事業に関連する権利であるため、平成4年8月以前の契約では、土地の保有者よりも借り手の権利が手厚く保証されているという特徴がありました。旧法では、借地権の期限は、木造の建物の場合は最低でも20年、最長では30年、鉄筋コンクリートの場合は最低30年最長60年とされています。契約終了後の更新もあります。

対して平成4年8月以降の契約では、建物の構造によって契約期限、更新の有無は細かく定められ、旧法よりも借り手の権利はやや縮小された形になりました。

賃借権また、住宅における借地権のほとんどは賃借権ですが、借地権の中には地上権という権利もあります。両者の違いを一言でいえば、地上に建つ建物の扱いが違うという点です。

たとえば借りた土地に建つ住宅を第三者に販売する場合、賃借権での契約であれば、地主の許可が必要になります。しかし地上権で契約を結んでおけば、地主の採決なしに自由に売買をすることができます。

土地を借りる際には、自分の契約がどれに当たるのか確かめておくことは重要です。