借地権のいろいろ

家や事業所を建てる際に、土地を購入するのではなく、借りることで費用を抑えることができます。地代はかかるものの、購入するより経済的な負担は軽く、各種税金は地主が支払うこととなります。

このような土地を借りる権利を借地権といいますが、現在日本には、大きく二つの種類の借地権があります。新しい法律で定められたものと、古い法律によるものですが、その違いは建物の構造や土地の用途によってそれぞれ異なります。

借地権また、新しい法律で定められた借地権の中にも、5種類の借地権があります。家を建てた場合、事業所を建てた場合、それぞれ契約内容が違います。主には契約期間についてですが、新しい法律の場合は、更新の有無、更新後の土地の扱いについても決まりがあります。

これから土地を借りようというとき、自分に適応される権利はどの権利なのか、よく考えてみましょう。また、現在土地を借りている人も、どういった契約であったのか、見直す必要があるかもしれません。

これから何年土地を借りることができるのか、契約終了後に建物はどうなるのか、更地に戻す費用を貯めておく必要はあるか、これらの点が、新しい法律、借家借地法では明確にされています。家や事業所を構える際に考えるべき、数十年後のプラン設計には、欠かせない条件となるはずです。

このサイトでは、平成4年8月以前の旧法から、それ以降の借家借地法についてまで、詳しくご説明しています。土地を借りようとお考えの方は、ぜひお役立てください。