借地権の種類

現在日本にある借地権には、平成4年8月以前のものと、それ以降のものがあります。平成4年8月以前のものは、借地法(旧法)によるもの、それ以降のものは借家借地法によるものです。

どこが違うのかというと、わかりやすい点では、借家借地法では、建物の構造や土地の用途が細かく定義されそれによって借りられる期限が異なっている点です。旧法では、建物の構造は木造か鉄筋コンクリートの二種類しかないとされていました。

借家借地法で定められているのはこのようなものです。

契約構造は特に問わず、半永久的に契約を更新できるのが、普通借地権です。この場合、最初の契約では30年、次に20年、以後10年ごとに契約を更新できるので、ほぼ永久的に土地を借りることが出来るのが特徴です。

また、一般的な住居によく使われるのは、定期借地権という権利です。契約期間は50年と長いですが、更新はなく、契約が終了したのちは土地を更地にしなければいけません。

事業用定期借地権は、文字通り事業に用いる土地の賃借について定めています。10年以上、50年未満で契約を結び、契約終了後は更地に戻す必要があります。

建物譲渡特約付借地権の契約期間は30年以上で、契約終了後の建物は地主が買い取る契約になっています。

関連リンク・・・借地権
借地権について説明している不動産屋のホームページです。